志村けん

志村けんの木の場所や実家はどこ?お別れ会や葬式はいつ行われる?東村山が実家?

志村けんの葬式やお別れ会はいつ行われる?

所属事務所の発表された内容では志村けんさんのお葬式は身内や親族だけで行うことが発表されておりますがお別れ会については日程が決まり次第行うと言うことです。

新型コロナウイルスの影響が無ければ葬式などは関係者など多数含めて行う予定だったと思いますが親族のみで行うようです。

お別れ会は開かれる可能性が高いですがこちらも新型コロナウイルスの影響で大人数の集団感染を避けなくては行けないため日程は遅くなる可能性が有ります。まだ終息をみせない新型コロナウイルスの影響はこんなところにもあると思うと悲しみで心が痛みますが新型コロナウイルスに打ち勝ってお別れ会をすることが志村けんさんの意向だと思うのでこちらは詳しい日程が分かり次第追記していきます。

志村けんの象徴志村けんの木はどこ?

志村けんの木は昭和51年に志村けんさんが東村山東京音頭で東村山市を広めてくださった功績をたたえけやきの木を3本植えたことから【志村けんの木】と名付けられました。

東村山の東口にそびえ立つ3本のけやきの木が【志村けんの木】と命名されています。

40年近く立った志村けんの木はかなり大きくなっており3月29日の志村けんさんの悲報をうけて献花台のように花を手向ける方が沢山訪れているそうです。本当に新型コロナウイルスで亡くなると思っていなかっただけに志村さんの悲報は全国民の悲しみでいち早く花を手向けに行きたいですね。

志村けんの木に沢山の方が殺到

志村けんさんは万人に愛された芸能人なのですが死去の報告を受けて献花台に訪れる方が沢山いるようで居ても立っても居られない方が集まってしまったようで東村山市は心苦しいが献花台自粛を呼びかけています。

 ファンの間で聖地化しつつあるが、東村山市役所は「献花等自粛」を呼び掛けた。市はあくまで歩行者の動線確保などの交通整理のため、献花台を設置。大勢の人が集まり、新型コロナの感染拡大の危険が高まることを危惧し、献花の自粛をホームページで求める異例の事態が発生している。現場でも職員が「ここで立ち止まらないでください」と声を張り上げた。同市在住の70代女性は「居ても立ってもいられず来た。市は来ないでくれと言っているけど…」と献花し、足早に立ち去った。

市の担当者は「志村さんを追悼したい気持ちは十分なほど分かりますが、密集による感染拡大は避けなければいけない。とても心苦しいのですが、ご来訪はお控えいただきたい」と悲痛なお願いを語った。

新型コロナウイルスが終息を迎えたタイミングでもう一度献花台や志村けんの木も十分待っていてくれると思うので全国民一丸となってコロナウイルスを終息させましょう。

もし行く方も押し合わず人とは距離をとってしっかりと消毒をして献花や合掌をおねがいします。

志村けんさんの冥福をお祈りします。

1 2 3