豆柴の大群

豆柴の大群ナオ・オブ・ナオが未成年飲酒で炎上謹慎無しや脱退しない理由は?

豆柴の大群ナオ・オブ・ナオの今後は?

 未成年のころの飲酒について、所属事務所の渡辺淳之介代表に確認すると、次のように回答を寄せた。

「本人は飲酒の事実を認めており、悪いことをしたと反省しています。グループ所属前の出来事ではありますが、私としても残念なことと受け止めています。本人も反省していますので、その思いを、今後の活動のなかで見せていってくれることを願います」

番組の顔・ダウンタウンも驚く、“クロ” すぎる二面性。今後は、「素直でピュア」を貫き通してほしい。

現在プロデュースのWACKの渡辺敦之介代表に確認したところ特に謹慎や処分などはせずナオ・オブ・ナオも深く反省しているとのこと。

せっかく勝ち得たアイドルの座なのでしっかり反省して豆柴の大群で更に有名になってください。

豆柴の大群ナオ・オブ・ナオが謹慎なし?理由は?

今回は彼女がデビューしたてだということもあるかと思います。これが例えば大手スポンサーのつくような仕事をしている“若手人気アイドル”だったら、たとえ過去の話であったとしても、こう甘くはなかったでしょう。

 それと、今回はナオさんが所属する事務所が老舗の大手芸能事務所でないことも大きいかもしれません。世間も“デビュー前の未成年飲酒”ということでそこまで声高に叩いたりはしませんでしたが、これだけコンプライアンスも厳しくなっている時代ですから、大手ですと“事務所としての威厳やクリーンさ”を示すために何かしらの処分を下していたと思われます

今回問題を起こしたナオ・オブ・ナオ所属の事務所はWACKというグループでその中でもまだこれから売れていく過程の途中の豆柴の大群は有名では無く且つまだ擁護派多数で叩かれる対象では無い存在に近かった事が大きな理由だと思います。

1 2 3