コロナウイルス関連

コロナウイルス検査拒否の二人は今?対策や現状の日本人感染者場所は?

コロナウイルスが世界で拡散されておりWHOも緊急事態宣言をしました。

そこで気になるのが現在の状況やコロナウイルスに対する対策ですよね。

今回はコロナウイルスについて書こうと思います。

スポンサードリンク

コロナウイルス概要

これまでにヒトに感染するコロナウイルスは4種類知られており、かぜの原因の10〜15%を占める原因ウイルスとして知られていました。

またイヌやネコ、ブタなど動物に感染するコロナウイルスも存在します。

2002年中国広東省に端を発したSARS(重症急性呼吸器症候群)は、コウモリ(あるいはハクビシン)のコロナウイルスがヒトに感染し、ヒト-ヒト感染を起こすことで8000人を超える感染者を出しました。

また2012年には中東でMERS(中東呼吸器症候群)が報告され、ヒトコブラクダからヒトに感染する感染症であることが分かりました。

そして2019年12月末から中国の湖北省武漢市で発生した原因不明の肺炎は、新型のコロナウイルス(2019-nCoV)が原因であることが判明しました。

新型コロナウイルス宿主は?

新型コロナウイルスの宿主動物(元々ウイルスを持っている動物)はまだ分かっていません。

しかし、この感染症の存在が明らかになる前から、武漢市にある海鮮市場に関係のある患者が多いことが分かっていました。このため、新型コロナウイルスの宿主動物はこの海鮮市場で売られていた何らかの動物ではないかと推測されています。

新型コロナウイルスは動物から人に感染し、さらに人から人に感染しうることが分かっています。

現時点ではWHO(世界保健機関)は1人の感染者から1.4〜2.5人にうつすのではないかと推計しています。

これはインフルエンザやSARSよりは低く、エボラ出血熱よりは高い数値です。

コロナウイルスは宿主の動物が居るようですがそのなかで蛇やコウモリという説が浮上しておりこれまでに観戦場所が多かった場所として海鮮市場が多かったという報告が出ています。

その情報だとコウモリが有望なのでしょうか?

 

コロナウイルス検査拒否の二人の現在は?

コロナウイルスの検査拒否をした二人が居たようですがネットではこの二人を叩く投稿が見受けられました。

動画を取り怒って検査を受け入れない姿勢を示しました。

まず国が動く事に危機感を感じる場面でありそこを受け入れない時点で不思議ですね。

なぜ拒否したのか不明ですがその後の情報は、

その後たくさんの報道を見て検査をしたいと申し出たようです。

その後の検査結果は特に記載されておらず検査をしたということで報道されるかはわかりません。詳しい情報入り次第追記していきます。

 

コロナウイルス症状は?

コロナウイルスの症状は以下の通りです。

・73%が男性

・32%が持病持ち

・年齢の中央値は49歳

・66%は華南海線市場への何らかの接触

・41人全員肺炎あり

・32%が集中治療室に入室し、15%が死亡

コロナウイルス日本人感染者は?地域は?

中国武漢市在住30代女性

 厚生労働省は中国で感染が広がっている新型コロナウイルスについて、日本国内で3人目の感染者が確認されたことを明らかにしました。

「新型コロナウイルスの感染者の国内での発生は、これが3例目となります」(厚生労働省の会見・ 午後5時ごろ)

この患者は、中国・武漢市在住で、日本に旅行していた30代の女性です。今月18日に来日し、21日夜から発熱と咳の症状が出て、23日に都内の医療機関を受診。東京都によりますと、その際、軽い肺炎の症状があったということです。女性の症状は比較的軽く、まだホテルにいますが、医療機関と相談して入院するかどうか決めるということです。

東京都の病院に受診していますので東京は注意したほうがいいです。現在もホテルに居るかは不明ですが東京都は注意が必要です。

中国武漢市在住北海道40代女性

感染が広がっている新型コロナウイルスで、日本国内での7人目の感染者が確認されました。

厚生労働省によりますと、患者は中国・武漢市在住の40代の女性で、今月21日に知人と2人で来日し、東京都内の別の知人宅に泊まりました。22日、3人で北海道に移動して観光をしていましたが、26日は体調不良のため外出せず、夜間に咳が出て発熱、27日に北海道内の医療機関を受診して入院し、胸部レントゲン検査で肺炎が認められたということです。28日現在、熱は残っていますが、容体は安定しているということです。

北海道に旅行に行った際発熱でコロナウイルスと診断されたようです。北海道も注意が必要です。

武漢市観光客ツアーガイド大阪市内40代女性

新型コロナウイルスへの感染が判明したツアーガイドの女性が、武漢からの観光客とともに大阪市内の複数の観光地を訪れていたことがわかりました。

感染者の拡大が続く新型コロナウイルス。すでに感染が確認されていた奈良県のバス運転手と同じバスでツアーガイドをしていた大阪市内の女性(40代)も感染していたことが判明。

大阪府の吉村知事は、女性が今月15日以降、武漢からの観光客とともに大阪の複数の観光地を訪れていたことを明らかにしました。普段から多くの観光客でにぎわう大阪城や心斎橋エリア、大阪市内のベイエリアを訪れていたといいます。

大阪市内でも感染が確認されています。2020年1月31日現在では14名の感染が確認されています。

コロナウイルス予防や対策は?

コロナウイルスは比較的いろいろな対策が有効なため風邪と同じ内容の予防や対策でいいようです。

手洗いやうがいマスクの着用

衣類や体のアルコール消毒が有効です。

アルコールにしっかり反応してくれるウイルスのようでアルコール消毒も有効なようでこまめなアルコール消毒が望ましいと思われます。