ニュース記事

名張市下小波田に古久保健太郎と2歳の娘が遺体で発見!原因と場所は?

三重県名張市で古久保健太郎さんと2歳の女子が遺体で発見される。

三重県名張市の資材置き場で18日夜、36歳の男性と2歳の次女とみられる2人の遺体が見つかりました。警察は男性が無理心中を図ったか、事件に巻き込まれたか、慎重に調べています。

18日午後7時過ぎ、名張市下小波田の会社の資材置き場で、「先週から同じ車が放置されている」と会社の従業員から警察に通報がありました。警察官が駆け付けると、車の近くで伊賀市に住む36歳の男性と、2歳の次女とみられる性別不明の幼い子どもの2人が倒れているのが見つかり、その場で死亡が確認されました。警察によりますと、5月6日夜、男性の妻から「夫と娘が帰宅しない」と通報があり、翌日、行方不明届けが出ていました。近くに放置されていた車は、男性のものでした。

2人の遺体は腐敗が進んでいて、いずれも着衣に乱れはありませんでした。

警察は男性が無理心中を図ったか、もしくは2人が事件に巻き込まれたか、慎重に調べています。

東海テレビ

古久保健太郎さんと思われる遺体が18日に発見されました。古久保健太郎さんの遺体と娘の遺体が発見された今回の事件で疑問に感じるのは車内の中では無く外で二人の遺体が確認されたということですが無理心中化事件に巻き込まれた可能性も有るとして警察は捜査しております。

三重県の名張市小波田の事件古久保健太郎さんと2歳の娘は行方不明届けが出されていた。

三重県の名張市小波田で起きた事件は古久保健太郎さんは妻が「6日に買い物に行ったきり行方不明になった。」と行方不明届けが出されて7日に受理されたそうですが、その時に死亡していたかは不明です。20日に司法解剖をして詳しい詳細を調べる方針のようです。

次回ページ:古久保健太郎さんが発見された場所は?

1 2 3