ニュース

【報道ステーション】河野大臣雨男発言!!報ステ速報扱いにネットの声が?

スポンサードリンク

2019年10月28日政治資金パーティーで私はよく地元で雨男と言われました発言でニュースに取り上げられた河野太郎防衛相

今回は

河野太郎防衛相が言った発言とは?

河野太郎防衛相がなぜ批判を受けたか?

河野太郎防衛相にネットの声は?

河野太郎防衛相雨男まとめ

の順にお伝えします。

 

河野太郎防衛相は28日、東京都内で開いた政治資金パーティーで、「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と述べた。会場の参加者からは笑いが起こった。台風19号などで東日本を中心に多数の死者が出ており、不謹慎との声が上がりそうだ。

河野氏は「雨男」発言の後、「その度に、災害派遣、自衛隊の隊員が出てくれております」と述べ、一連の災害で自衛隊が人命救助や給水・入浴支援など幅広く活動していることも紹介。「あらゆるところで頑張ってもらっている。隊員の処遇の改善をきちんとやらないといけない」とも話した。

河野太郎防衛相が言った発言とは?

河野太郎防衛相は28日、東京都内で開いた政治資金パーティーで、「私はよく地元で雨男と言われました。私が防衛大臣になってからすでに台風が三つ」と述べた。会場の参加者からは笑いが起こった。台風19号などで東日本を中心に多数の死者が出ており、不謹慎との声が上がりそうだ。

河野氏は「雨男」発言の後、「その度に、災害派遣、自衛隊の隊員が出てくれております」と述べ、一連の災害で自衛隊が人命救助や給水・入浴支援など幅広く活動していることも紹介。「あらゆるところで頑張ってもらっている。隊員の処遇の改善をきちんとやらないといけない」とも話した。

河野太郎防衛大臣が東京都内で開かれた自身のパーティーで相次ぐ台風被害に関連し、「自分はよく雨男と言われた」などと発言。
河野大臣の発言は台風19号などの被害に対し、自衛隊隊員の活動をねぎらう話の中で出たものだが、今後発言が「軽率だ」として批判を受ける可能性がある。

河野太郎防衛相はこの台風の被害が落ち着いていないさなかでこのような発言をして非難の声が上がってしまうのではないかということです。

河野太郎防衛相がなぜ批判を受けたか?

台風の被害も記憶に新しい状態でまだ自衛隊の方や被害に合われた方の環境も整って居ない状態でこのような失言をしてしまい注目を集めています。

関連記事

村田川氾濫

河野太郎防衛相の報道ステーションの速報扱いにネットの声は?

 

雨男発言をした河野太郎防衛相のことより雨男発言自体を速報扱いして過激にニュースに取り上げた報道ステーションの方に非難が集まりそうです。少し注意深く見守りましょう。

河野太郎防衛相雨男まとめ

今回は河野太郎防衛相が雨男発言をして問題とした報道ステーション側にネットがざわつきました。台風の被災している方の気持ちを考えると少し軽率かもしれませんがそれ以上に過剰に報道した報道ステーションも少し軽率かと思われます。

被災者の気持ちを本当に考えるのならその報道自体も自粛するべきでは無いでしょうか?

本日もブログを読んでいただきありがとうございます。