ニュース

カルロス・ゴーン会見実名報道は誰?出国方法と現在は?逃亡時の協力者は?

スポンサードリンク

会社法違反で起訴されている保釈中のカルロスゴーン被告が30日に日本から逃亡しレバノンのベイルートに到着したと報じられました。カルロス・ゴーン被告はなぜ逃亡しどのような方法を使って出国したのでしょうか?

本日はカルロス・ゴーン被告について書きます。

カルロス・ゴーン事件概要

保釈中の日産自動車の元会長であるカルロス・ゴーン被告が30日にレバノンの首都ベイルートに到着したことが報じられています。

レバノンのメディアはプライベートジェットでトルコ経由でベイルートに到着したと報じているようです。レバノンはカルロス・ゴーン被告の両親の故郷で10年程くらしていたようです。

【AFP=時事】(更新)会社法違反などの罪で起訴され保釈中の日産自動車(Nissan Motor)元会長、カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告がレバノンの首都ベイルートに到着した。レバノンの当局者と治安筋が30日、明らかにした。治安筋によるとゴーン被告は30日にベイルートの空港に到着した。レバノンの当局者はAFPに対し、「ゴーン氏はベイルートに到着したが、どのように日本を出国したのかは不明だ」と述べた。レバノンのメディアは、ゴーン被告はプライベートジェットでトルコからベイルートに入ったと報じている。

2018年11月に逮捕され、現在は保釈中のゴーン被告は、来年春に始まるとみられる公判の準備をする間、娘と一緒に東京から出て日本国内を旅行したこともあった。しかし、保釈の条件には、ゴーン被告のパスポートは弁護人が預かると明記されている。

逮捕前のゴーン被告は、両親の生まれ故郷であり、自身も子供時代を過ごしたレバノンに相当な時間と金を費やしてきた。

ゴーン被告は、捜査は検察と日産が違法に共謀して行われたとして、全ての起訴内容について公訴を棄却するよう求めている。ゴーン氏の裁判に近い筋はAFPに対し、「カルロス・ゴーンは自身の責任から逃げようとしているのではなく、不公正な日本の制度から逃れようとしてるのだ」と語った。

ゴーン被告の広報担当者は11月、裁判所が妻との面談を許可したことを受け、8か月ぶりに妻と面談したと明らかにしていた。【翻訳編集】 AFPBB News

カルロス・ゴーンの出国方法は?

気になるカルロス・ゴーン被告の出国方法ですが荷物用の箱の中に入って出国した可能性があることがわかりました。

こちらを翻訳すればわかりますがレバノンのメディアがカルロス・ゴーンをコントラバスの輸送ケースに入れられて出国したとあります。

楽器の積み荷に紛れて出国するとは驚きですがカルロス・ゴーンは以前にも清掃員に紛れて報道を避けた経緯もありますので大いにやりかねませんね。

保釈の際報道陣を避けるために清掃員の格好で登場してうまく報道陣を交わしたカルロス・ゴーン被告。積荷に紛れるのも難なくこなしそうですよね。

カルロス・ゴーン被告逃亡の協力者は誰?

カルロス・ゴーン被告を逃したことに大きく関与してそうな人は妻のキャロル氏と親族と海外メディアが報じています。

妻キャロル氏が関わっているのは十分可能性はありますが出国や入国の際に妻の支援だけで現地入りをできるとは思えないので大きな組織が関わっている可能性も指摘されています。こちらは詳しい情報入り次第追記していきます。

カルロス・ゴーン被告の逃走は犯罪?

残念ながら保釈中の逃亡は罪にはならず担当の弘中弁護士も犯罪のレベルではないと言っています。これでは保釈中に刑罰がある程度決まっている方は保釈中に逃亡を企ててしまう人が出てしまいますね。

カルロス・ゴーン被告の今後は?

カルロス・ゴーン被告はおそらくこの逃亡で日本に戻る可能性は極めて低いのとレバノン政府が日本の制度に国民が反対している事も明らかになっているため逮捕は難しいと思われます。

レバノンと日本の間には犯罪人の引き渡し条約が結ばれておらず、政府がレバノン政府とどのような外交交渉を進めるのかは現時点ではっきりしない。レバノン政府の発表では、同国と日本は共に、国連腐敗防止条約に署名している。 来年4月に開かれる見込みだったゴーン被告の初公判は、被告の出廷がなければ開かれない可能性もある。同被告がどのようにレバノンに入国したのかは分かっておらず、日本の出入国管理の問題点を指摘する声も出ている。前外務副大臣の佐藤正久自民党参院議員は、「事実であれば、逃亡であり、それだけで犯罪」とツイート。その上で、簡単に出国を許してしまった「日本の態勢も大問題」だと主張した。

カルロス・ゴーン被告現在は?

カルロス・ゴーン被告は12月31日現在アメリカの広報担当者が声明でレバノンにいると発表しました。

その発表をうけてレバノン政府は何もしないことから国絡みで引き渡し云々になる可能性が高くなりそうです。こちらは詳しい情報入り次第追記していきます。

カルロス・ゴーン会見内容は?実名報道は誰?

カルロス・ゴーン被告は2020年1月8日記者会見を行いクーデターを起こした人物を実名を伝えようとしていました。その名はさいかわ、とよだ、おおぬま、かわぐち、いまづ、はりなだと名前をあげました。詳しい内容は追記していきます。

 

カルロス・ゴーン被告逃亡まとめ

今回はカルロス・ゴーン被告が保釈中に逃亡をしたことについて書きました。このようなかなりの大物が逃亡を成功してしまうと保釈中で罪を償う意識がない方たちは逃亡してしまいますね。なんにせよ日本の制度は理不尽な制度が多い気がしました。

本日もブログをお読みいただきありがとうございます。